キャッシュバックはいつもらえるのか?

代理店によっては、キャッシュバック手続きが面倒なところもあります

auひかりのキャッシュバックは一体いつもらえるのか??という問い合わせが非常に増えています。

 

au申込者から色々と連絡を受けますが、auひかりキャッシュバック金額をもらえる時期が遅かったり、キャンペーン申請手続きが煩雑だったりと、いろいろと面倒くさい部分も多いみたいですね。

 

ちなみに、劾Nコミュニケーションズが最近、申込と同時にキャッシュバック申請も完了し、最短で翌月末に振り込まれるという活気的なキャンペーンを開始しました。キャッシュバック金額も最高値ですし、申し込むならこういう代理店が良いでしょう。

 

 

独自キャッシュバックが2万円と特典が良い代理店の場合、
auひかりキャッシュバック特典をGETするためには、1年(12ヶ月)待たないといけないパターンが多いので注意が必要です。
※もちろん一部の代理店ではすぐにキャッシュバック申請が可能な代理店もありますので後述いたします。

 

キャッシュバック申請ができる期間

継続使用が条件の代理店が多く、ほとんどの場合では、10ヶ月〜14ヶ月、auひかりを使ってからでないとキャッシュバック申請ができないようになっています。

 

 

■ほとんどのau代理店のキャッシュバックの流れ

 

@auひかり開通確認後: 代理店 → お客さんへメールで連絡

 

Aお客さんがメールでアンケート回答(期限有り)

 

B8か月〜10か月の継続利用を確認後: 代理店 → お客さんへ書類を送付

 

Cお客様が、「初回請求のコピー 又は 領収書」などをを添付し、代理店へ郵送

 

D代理店に到着後60日以内に振込

 

10ヵ月後のキャッシュバック手続きなど、忘れてしまっているケースが多いらしく、半分以下の人たちがキャッシュバックを受けられないのが現状らしいです。

 

これはグルーポンやポンパレなど、共同購入型クーポンでもよくある話らしいですね。割引金額が魅力的なクーポンを買ったはいいけど結局使わずに期限がきてしまった。
こういうお客さんが30%くらいいるらしく、その分、クーポン会社の利益につながるらしいです。

 

auひかりの12ヶ月継続利用も、こういった裏目的がありますので、手続き方法や申請までの期間などはしっかりと調べてみることをおススメします。

 

中には、12ヶ月継続が条件ではなく、auひかり開通後にキャンペーン申請が可能な代理店もありますので、そちらで申し込むほうが賢いやり方かと思います!

 

 

 

 

劾Nコミュニケーションズ

独自キャッシュバック金額が20,000円(ネットのみは13000円)は最高金額。また、他社が12ヶ月の利用後でないと申請できないケースが普通なのに対して、開通後すぐに申請できるのはこの代理店のみ。キャッシュバックの振込みも申請から翌月末までということでスピーディな対応が嬉しい。
独自キャッシュバック 返金手続き 評価
20,000円(ネット+電話)13,000円(ネットのみ) 時期: 開通後すぐに申請OK方法: WEB申請OK auひかり,キャッシュバック,いつ,期間,手続き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短期よりも複数年利用することを想定した場合の、支払い合計の正確な数字・比較ができるだけでなく、エリアごとでシェアナンバーワンのスマートバリューに関することや包括的な観点から、優れてるスマートバリューに関する情報を見つけることができる比較サイトも利用しましょう。
光回線でネットに接続する、ということはたくさんある中からどの回線を使わなければいけないのか、回線の詳しい比較がとても重要な役割を持つことになるわけです。このことから、コチラでは失敗しない光回線選びの要素などを確認いただけます。
auひかりとっていうのは、最大の通信業者である東西のauによる、大容量の通信が可能な光ファイバーの利用によるauスマートパス接続サービス!高速回線用の光ファイバー回線を、近くの電柱から住宅まで引き込むことで、ストレスのない快適なauスマートパス生活を満喫していただけます。
「auひかり」では利用できるスマートバリューだって、数え切れないくらい用意されていますから、それぞれが考えと合っているスマートバリューを選ぶことができるという点も、auひかりだからこそ可能なことではないでしょうか。

 

 

関連ページ

乗り換え割
auひかりの乗り換え割引では、最大30000円のキャッシュバックが受けられます。このキャンペーンは条件が付いていますが、フレッツ光や他社から乗り換えるときには是非利用しておきたいです。

TOP スマートバリュー キャッシュバック キャンペーン