カヤック

インターネット企業紹介 カヤックの会社概要や沿革など

インターネット企業紹介|カヤックの会社概要や沿革など

カヤックは、1998年に誕生したインターネット企業です。設立したのは、貝畑政徳、柳澤大輔、久場智喜の3名で、彼らの手によって合資会社カヤックが設立されます。名前の由来は、それぞれの代表取締役の頭文字からとっています。カヤックの沿革を見ると、まず1998年にカヤックが設立されるのですが、翌年、7月7日に7個のオリジナルサービスをリリースするという777カヤック☆フェスティバルを開始します。

 

そして、2005年には、株式会社カヤックへと組織変更になります。2006年には、お年賀プロジェクトが開始され、2008年には、グループ会社の株式会社クーピーと合併します。そして2011年、総額3億5000万円の第三者割当曹司を実施し、2014年には、東京証券取引所マザーズ市場に上場します。カヤックの経営理念は、つくる人を増やすというもので、サイコロを振って給料を決めるなど、実にユニークな社風となっています。社員の似顔絵を描いた漫画名刺を使っている会社としても有名で、独自の経営理念が特徴です。自らをカヤックは経営理念日本一の会社と謳っており、面白法人として注目されています。

 

 

インターネット企業紹介|カヤックのサービス紹介・インターネット戦略

 

1998年に貝畑氏と柳沢氏、久場氏の3名が代表取締役となり、合資会社として設立したカヤック。2005年には株式会社カヤックへと組織変更をして、2014年には東京証券取引所マザーズ市場に上場をはたしました。つくる人を増やすということを経営理念にしているカヤックでは、スマートフォン専用ゲームアプリの研究開発、提供を中心にサービスを展開しています。様々なコミュニティ事業にも力をいれており、飲食事業も行っています。面白法人カヤックと名乗っていることからもわかるように、数あるインターネット企業の中でも独特で印象的なのが特徴です。日本のヲタク文化を存分に取り入れたサービスは世界中のヲタクをとりこにしていて、注目を集めている企業でもあります。そんなカヤックですが、設立した当初には何も考えておらず、企業として事業として組織としての未来は不明瞭なままでした。しかし、同じ職種に絞るという組織戦略をたて、価値観が似ている仲間と働くことをポイントに企業としての成長を目論みました。これがインターネット企業としての成功へとつながったのです。世の中にない勝ちを創造して発信する、世の中に驚きを与えるようなものを作る、これはつくる人が集まっている企業だからこそ出来る事業なのです。オリジナルティと創造性に重点をおき、組織として企業として成長と発展をも大切にしているのが面白法人カヤックです。

関連ページ

インターネット企業紹介 カカクコムの会社概要や沿革など
カカクコムは、日本のインターネット企業で、ネット関連サービス事業を展開しています。主な事業に、パソコンやAV機器を中心とした電気製品の価格比較ウェブサイト価格.comがあります。
GMOインターネットグループのプロバイダー|とくとくBB
皆さんはダイアルQ2と呼ばれるものをご存知でしょうか。現在ではもうサービスが終了していますがインターネットが普及する以前にNTTから提供されていた有料情報を電話回線を通じて提供する際にその料金が電話料金に付随して徴収されるというものです。

TOP スマートバリュー キャッシュバック キャンペーン