auひかりとフレッツ光の比較

フレッツ光と料金比較

 

フレッツ光とauひかりの料金プランを比較してみました。
フレッツ光のほうが契約数は多いですが、最近ではauひかりが料金が安かったり、
特にauユーザーのスマートバリュー割が評判だったりと、auひかりユーザーが増えています。

 

料金総額を見てみると、一戸建てタイプ、マンションタイプ、ともに、auひかりのほうが若干安くなっています。
au携帯・スマホユーザーはスマートバリューで携帯料金が更に安くなりますので、auひかりの方が絶対おすすめですね。

 

ただ、問題点として、auひかりは提供していないエリアがまだ残されているのも事実。
特にマンションタイプの場合、地方では利用できないケースが多いので注意が必要です。

 

auひかりVSフレッツ光 料金比較!

 

一戸建てタイプ比較

商品名 月額料金 2年後の月額料金 特徴

auひかりホーム
※ずっとギガ得プラン

5,100円 4,900円 光回線、プロバイダ、レンタル機器、含む

フレッツ光
※もっともっと割

5,450円 5,260円〜

フレッツ光4,300円〜
格安プロバイダ500円〜
レンタル機器650円〜

 

OCNなど定番プロバイダは1,100円ほど

 

 

 

 

 

マンションタイプ比較

商品名 月額料金 2年後の月額料金 特徴
auひかりマンション 3,800円〜5000円 3,800円〜5000円 光回線、プロバイダ、レンタル機器、含む

フレッツ光NEXT
マンションタイプ
 [VDSL方式]
もっともっと割

4,000円〜5100円

3,830円〜4930円

 

フレッツ光2,850円〜3950円
格安プロバイダ500円〜
レンタル機器650円〜

 

OCNなど定番プロバイダは1,100円ほど

 

 

申込時のキャッシュバックキャンペーンもauひかりのほうがお得!

 

さらに、フレッツ光よりもauひかりのほうが、
申込時のキャッシュバック金額が高額なケースが多いです。

 

特に、東日本エリアではフレッツ光のキャッシュバック金額が10,000円程度に抑えられています。
プロバイダーなど他の特典を合計してもせいぜい15000円〜20,000円ほどです。

 

一方で、auひかりはプロバイダーをSonetに指定すれば合計4万円は確実にキャッシュバックが適用されます。
※ひかり電話が不要の場合は33,000円(最も高い代理店で)

 

 

「キャッシュバックが高額でお得な代理店」はTOPページでご確認いただけます。

 

>>TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

WiMAXと料金比較
auひかりの料金とWiMAX(ワイマックス)やポケットwifiの料金を比較しています。料金はポケットwifiのほうが安いですが、容量や安定性を選ぶ場合はauひかりがおすすめです。
auひかりマンションタイプ
auひかりマンションタイプの料金と、マンションタイプのキャンペーン特典を紹介しています。フレッツ光に比べてマンションタイプの導入は遅れていますが、個別に問い合わせる必要があります。
auひかりホームタイプ
auひかりホームタイプ(一戸建て)の料金と、キャンペーン特典を紹介しています。ホームタイプの場合、乗り換え割キャッシュバックが受けられるので、マンションタイプよりもお得です。

TOP スマートバリュー キャッシュバック キャンペーン