auひかりホームタイプの料金

auひかりホーム(一戸建て)の料金プラン

 

auひかりホームタイプの料金と割引キャンペーン紹介

 

※注意
フレッツ光の場合は、プロバイダ料金と機器レンタル料金が異なります。
NTT公式サイトに掲載されている「光ファイバーサービス料」にプロバイダ料金(毎月500円〜1200円ほど)と機器レンタル料金(650円〜1000円)が加わりますので、色々加えると高くなりますし、契約してみないと料金が分からないなどの問題点もあります。

 

一方で、auひかりの料金プランは分かりやすいのが特徴。インターネットを利用するのに必要な総額料金が明示されていますので安心です。

 

ホームタイプの料金プランは大きく分けて2つあります。

 

@ギガ得プラン(2年契約)
Aずっとギガ得プラン(3年契約)

 

2年間で引っ越しなどの理由でauひかりを解約することが確定している方は@のギガ得プランでよいですが、引越し後もauひかりを使うなど、特別な理由がないかたはAずっとギガ得プランがおすすめです。

 

プラン名 月額料金 契約解除料 契約単位
ギガ得プラン 毎年 :5200円 9,500円 2年契約
ずっとギガ得プラン

1年目:5100円
2年目:5000円
3年目:4900円

15,000円 3年契約


※ スマートバリュー割引の場合は、↑のネット利用料金ではなく、携帯料金が安くなります。
※ 無線LANをご希望の場合は、レンタル機器が変更になり、月額500円〜/月かかります。

 

 

さらに、お得な電話プランや、色々な番組が楽しめるテレビプランを追加すると、以下の料金が追加されます。

 

組み合わせ 追加料金 スマートバリュー
ひかり電話 プラス500円/月 〇 提供対象
テレビ プラス500円/月 × 適用対象外
ひかり電話+テレビ プラス1000円/月 〇 提供対象

 

スマートバリューの適用にはauひかり電話の追加が必須。

なお、スマートバリューの申込には電話プランを追加しないといけません。
ただ、電話料金がプラス500円で、スマートバリュー割引が934円なのでトータルして、マイナス434円なのでスマートバリューはそれでもお得です^^

 

 

フレッツ光の場合は、
■光ファイバー利用料金: 4300円〜
■プロバイダ料金: 500円〜
■レンタル機器利用料: 650円〜
合計: 5450円 はかかってしまいますので、auひかりのほうがだいぶお得ですね。
スマートバリューを適用すれば、さらに安くなりますので、フレッツ光との差は1000円以上になります。これがauひかりが伸びている理由なのでしょう。

 

 

auひかりはどこから申し込むのがお得??

 

 

auひかりホームタイプの料金と割引キャンペーン紹介

 

 

auひかりは、公式サイトやauショップなどから申し込むよりも、WEB代理店から申し込むのがお得です!
おすすめの代理店ランキングはコチラで紹介しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

フレッツ光と料金比較
auひかりの料金とフレッツ光の料金を比較しています。スマートバリューを申し込まない場合は、ほぼ同じ料金ですが、スマートバリューなら断然auがおすすめ。
WiMAXと料金比較
auひかりの料金とWiMAX(ワイマックス)やポケットwifiの料金を比較しています。料金はポケットwifiのほうが安いですが、容量や安定性を選ぶ場合はauひかりがおすすめです。
auひかりマンションタイプ
auひかりマンションタイプの料金と、マンションタイプのキャンペーン特典を紹介しています。フレッツ光に比べてマンションタイプの導入は遅れていますが、個別に問い合わせる必要があります。

TOP スマートバリュー キャッシュバック キャンペーン